コーチングの科学的研究をするべきではないか?

こんにちは!

「ひとりひとりの強みを活かした
オンリーワンプロコーチ育成」
をさせていただいております、卓です(^^)




今日のブログは私の想いを書き殴らせていただきます。




結論から申しますと
「もっとコーチングの研究をするべきではないか?」と思っています。





私は普段「○○すべき」という言葉を使いません。

ですが、今日はあえて使います。

コーチングというすばらしい技術に科学的根拠をつけていくことを、現状生きづらさを抱え過ごしていらっしゃる方々、将来の子どもたち、地球人のためにも進めていくべきだと考えています。





1対多のエビデンスはある程度あるのかもしれません。

ですがこれからは個別性・多様性の時代であり、マンツーマンコーチングの需要が増えてくると思います。






コーチングを受ければ「何となくメンタル良くなるよ」「みんな良くなっているから」ではなく、人が幸せに生きる上で欠かせない「QOL・自尊感情・自己肯定感・自己効力感・自己受容」など本質的なところは、目に見えない大切な部分だからこそ、数字でもって評価していくべきところではないかと感じています。
(数字や科学がすべてだなんて考えておりません。それでも見えない部分は数字で評価していく必要があると考えています)





日本でコーチングを提供されている方々、本当に優しく愛のあるすばらしい方ばかりです。

ですが、コーチング業界全体のこと、コーチングの未来のこと、今の子どもたち、未来の子どもたちのことまで考え、コーチングを提供されている方はまだまだ少ないように思います。





マンツーマンコーチングの心理学的研究を専門に行っているところは、探したところ見つかっていません。
(もしされている方がいらっしゃれば、未来の子どもたちのため、幸せに生きたいと願う方のためにも情報交換させてください。いつでも公式LINEより島本までご連絡お待ちしております)





そもそもスポーツのコーチングは学会もあり研究も盛んに行われていますが、精神心理を主としたコーチングはまともに活動されている学会や研究会も見当たらない状況です。
(心理関係のコーチングの学会のHPはあるのですが、連絡しましたが返信はなく、論文もなく活動されていないのかこれからなのか。もしコーチングを科学的に研究されている方がいらっしゃれば、ぜひご連絡いただければ幸いです。みんなの力で業界全体のことを考えながら進めていきたいと考えています)






SSCでは現在まで、全般性自己効力感とQOLを2年、自己肯定感を1年、評価・研究を進めてきております。

全般性自己効力感(GSES)は50名評価し91.3%の方が向上しています。

自己肯定感は20名評価し95%の方が向上しています。





ローゼンバーグ氏の自尊感情尺度(RSES)は以下の点から使用せず、自己肯定感は著名な自己肯定感の研究者の方に直接ご連絡させていただき、評価尺度を使用させていただいております(ローゼンバーグ氏の問題点をクリアした評価尺度を作成されていると感じました。本当に感謝しかありません)。





◆ローゼンバーグ自尊感情尺度(RSES)の問題点
信頼性・妥当性に疑問の声がある
以下理由
・多くの日本語版翻訳が存在し、項目の表現が異なる
・4件法や7件法など回答カテゴリーや測定方法が異なる
・「私は自分自身にだいたい満足している」⇒もっと成長したいから満足していると回答しない、という自己肯定感が高くても「満足していない」と回答するため正確な自己肯定感の評価ができていない






私たちはマンツーマンコーチングなので、1年かけても評価できる人数は限られています。

研究を進めてわかったことは、ものすごく大変で経費もかかりますし、研究をしたからといってぶっちゃけ1円にもなりません。






しかしながら、これからも私がコーチングをし続ける限り、つまり一生涯続けていきます。

それが、コーチング業界全体、ひいてはこれからの教育を考えることにつながると信じているからです。






私は医療福祉に携わってはきましたが、研究者ではありませんし、あまりに未熟です。

バリバリ研究されているベテランの作業療法士の先生方に教えていただきながら、わからないながら今も論文作成なども徐々に進めております。
(論文を書いても寄稿する学会がないのでどうしたものかと思案中です。一般のいわゆる健常者と呼ばれる方々にコーチングをさせていただいておりますので、私は作業療法士ですが作業療法士の学会に寄稿するのも違うかなと感じています)




お陰様で、本業である認定コーチさん達の経済的自立、クライアント獲得率においては日本トップクラスだと自負しております。

コーチには、コーチングで生計を立てていってほしいと思っていますし、そうなれるようにするのが私たちの仕事です。

自分たちの仕事を超えて、これからのコーチングのことを一緒に考えていっていただける方、友人・仲間になってくださる方、遠慮なくご連絡いただければ嬉しいです。





このブログは、これからコーチング業界全体・教育を一緒に考えていく仲間に向けて書かせていただきました。

未熟者ですが、自分たちさえよければ良いとはまったく思っていません。

一緒に、人が幸せに生きる教育を考えていければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。





長文、読んでいただきありがとうございました。

それでは今日はこのあたりで失礼いたします。

今日も最幸の1日、最幸の生き方を♪


////////////////////////////////////////////////////

【島本卓也のミッション】

『世界一愛溢れるプロコーチコミュニティを創る 』

////////////////////////////////////////////////////


----------------------
発行責任者 一般社団法人 島本式ストレングスコーチング協会

代表 島本卓也

http://jibunto-mukiau.com/
----------------------


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA