■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

才能の見つけ方⑥ ~才能・強みは使わなければ消える~

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは!!

うつ専門作業療法士

島本卓也です。

 

 

前回は

“なぜ才能を発揮する人が少ないのか”

というお話をさせていただきました。

 

 

今回は

『才能は使わなければ消える』

についてお話させていただきます!

 

 

///////////////今日のテーマ///////////////

才能は使わなければ消える、の本当の意味

//////////////////////////////////////

 

才能を開放して生きていますか?

あなただけが持つ才能は何ですか?

 

才能が明確になっている方は

一度振り返ってみてください。

 

 

 

今から少しコワいストーリーをお伝えします(゜o゜)

そのコワいお話の題名は

『才能は使わないと消える』。

 

 

“才能とは気づけること!”だと

第2回の「才能の定義」でお話させていただきました。

 

 

あなたが意識していなくてもよく気がつくこと。

それは他の人も同じように気がつくかというと…

そうではない!、というお話をさせていただきました。

 

 

それは、

みんなそれぞれ“興味・関心”が違う、

つまり“価値観”が違うからだと。

 

 

もっとわかりやすく言うと、

才能とは

“あなたが価値をおいているもの”なので、

意識していなくても自然と気づけること”。

 

 

ここは大切なポイントです!

『あなたはあたりまえにできるけど、

他の人にとってはあたりまえに

できることではないこと』。

それが“あなたの才能・強み”ということです。

 

 

ではなぜ、

その自分の才能を見逃してしまうのか?

 

 

それは、

人間という生き物は

『自分があたりまえにできるものは

他人もあたりまえにできるものだと

無意識的に思い込んでいるから』です。

 

 

だから

「才能を発揮しないまま一生眠らせて生きる」

なんてことが起きてしまうのです。

 

 

ん~コワいですね…。

 

 

今日はそのコワさを

わかりやすく説明してくれている

エピソードをご紹介します。

 

 

それでは

『才能は使わないと消える』という

エピソードをどうぞ♪

 

------------

『才能は使わないと消える』

 

定年後の余暇を楽しんでいる老人が、

最近描いたばかりの自分の絵を

有名な画家ロセッティに見せた。

 

 

ロセッティは丁重に、

これは人並みのできだ、と答えた。

そこで老人は、他にも数点の絵を見せた。

 

 

明らかに若者の手によるとわかる

その作品にロセッティは目を奪われ、

 

「これは確かに偉大な才能の出現であり

訓練と練習を積めば

大画家になれるであろう」

とほめたたえた。

 

 

老人が息を飲んでいるのを見たロセッティは、

これを描いたのは彼の息子なのかと尋ねた。

 

老人はこう答えた。

「いえ、これらは私が若いころに

描いたものです。

でも私は周りに説得され

別の仕事についたのです」

 

 

老人の才能は消えてしまっていたのだ。

“才能は使わなければ消えるもの”なのだ。

-----------

 

どうでしたか?

 

『才能を開放しないと、

その才能は消えてしまう』

というお話でした。

 

 

人生は1回きりですから、

絶対後悔したくないですよね。

 

 

だから、

あなたの才能を最大限に発揮して

生きてください(^^)♪

 

 

あなたが才能を発揮して生きることが、

自分の生きがいや

やりがいになるだけでなく、

自分の大切な人のためにもなるのですから。

 

 

あなたは

「才能を開放して生きますか?」

「それとも才能を押し殺して生きますか?」

 

 

今日この場で決断するなら?

「開放するのか、殺すのか」

どちらを選びますか?

 

 

YES or NO で答えてみて下さい。

 

 

最初の1歩目を踏み出しましょう(^^)♪

今日、今すぐ、この場で!!

 

 

それでは今日はこのへんで失礼します。

 

 

次回は、

『才能とこれからの時代』について

お話させていただきます。

 

 

今日も自由に。

自分と向き合い、自分の才能を最大限発揮して生きる。

読んでいただいてありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////////////////

【島本卓也のミッション】

『障害者を含む、すべての人が自分だけが持つ才能を発揮して自由に生きる世界を作ること』

////////////////////////////////////////////////////